東海クラブ

会の歩み

東海クラブの歩み

昭和33(1958)年 数名の仲間が集まりバドミントン同好会を結成、顧問は高木毅先生
昭和34(1959)年
昭和35(1960)年
昭和36(1961)年
昭和37(1962)年 顧問が高木先生から水野達彦先生に交代
昭和38(1963)年 中学の授業クラブとしてバドミントン部が創設される(堀田先生、佐野先生)
昭和39(1964)年
昭和40(1965)年
昭和41(1966)年 顧問が水野先生から近藤五十一先生に交代
昭和42(1967)年
昭和43(1968)年
昭和44(1969)年
昭和45(1970)年 県総体準優勝でインターハイ団体戦出場を果たす/伊澤先生赴任、中学顧問に
昭和46(1971)年
昭和47(1972)年 福岡先生赴任、近藤先生の交代で顧問就任
昭和48(1973)年 県総体団体初優勝でIH2度目の出場(梶田氏三冠)/部に昇格
昭和49(1974)年 初代体育館が完成/松濤先生赴任、中学顧問 伊澤先生との2人体制に
昭和50(1975)年
昭和51(1976)年
昭和52(1977)年 県総体団体優勝、倉敷IH出場
昭和53(1978)年
昭和54(1979)年 県総体団体3度目の優勝(校條氏三冠)、東海総合初優勝、滋賀IH出場
昭和55(1980)年 県総体団体2連覇、香川IH出場
昭和56(1981)年 県総体団体3連覇、神奈川IH出場
昭和57(1982)年 県総体団体4連覇(中島氏三冠)、東海総合優勝、鹿児島IH出場、5位入賞
昭和58(1983)年 東海選抜優勝、全国選抜出場で5位入賞/県総体2位で愛知IH出場(5年連続)
昭和59(1984)年
昭和60(1985)年 東海選抜2度目の優勝、全国選抜出場。岡田稲熊組がダブルスで全国3位に
昭和61(1986)年
昭和62(1987)年
昭和63(1988)年 田島先生赴任、高校顧問に、福岡先生は中学顧問へ
平成元(1989)年 川口先生 中学顧問に
平成 2(1990)年
平成 3(1991)年 愛知県社会人リーグで東海クラブAが1部初優勝を果たす
平成 4(1992)年
平成 5(1993)年
平成 6(1994)年 愛知県社会人リーグで東海クラブAが1部優勝7連覇
平成 7(1995)年
平成 8(1996)年
平成 9(1997)年 県総体団体15年ぶり7度目の優勝、9度目のIH団体出場
平成10(1998)年
平成11(1999)年
平成12(2000)年 山田順一郎氏、審判員としてシドニーオリンピックに出場
平成13(2001)年
平成14(2002)年
平成15(2003)年
平成16(2004)年
平成17(2005)年
平成18(2006)年 新体育館が完成、バドミントンコートは最大8面に
平成19(2007)年
平成20(2008)年 東海高校バドミントン部創立50周年を迎える
平成21(2009)年 中学顧問に永田先生・諏訪園先生が加わる
平成22(2010)年 伊澤先生退官
平成23(2011)年 福岡先生退官
平成()年 高校顧問に立松先生(OB H14卒)が加わる
平成()年 中学顧問に八木先生が加わる